第4回 ミニ健康倶楽部:入れ歯の保管方法

 皆さんは、眠る前に入れ歯を外していますか?入れ歯を着けた状態と、外した状態では、口の中の細菌の数に差が出ます。
 
これまでにも、お話したように、入れ歯は、不十分または誤った手入れなどにより、細菌が非常に繁殖しやすい場所です。そのまま口の中に入れていると、繁殖した細菌により歯周病や肺炎などの病気に陥るケースもあります。その為、入れ歯は外して眠った方が良いでしょう。
 では、皆さんはどのようにして、入れ歯を保管していますか?
 入れ歯は、プラスチック製で、加熱や乾燥に非常に弱い性質です。その為、そのままにしておくと、ひび割れ・変形・変色・悪臭の原因となるので、保管する場合は、必ず水につけておく必要があります。
 また、この際、洗浄剤を使用すると除菌効果が上がりますので、定期的に使ってみるのも良いでしょう。
 今1度、入れ歯の保管について見直してみましょう!