診療内容

眼科一般 (網膜・硝子体)/ 小児眼科/コンタクトレンズ処方
眼科手術(白内障・日帰り手術・緑内障・レーザー)

 


shins2.jpg

眼の病気は、早期発見・早期治療が第一です。

もし少しでも目に異常を感じたり、ご家族やご友人の中で異常を訴える方が いらしたら、すぐに眼科専門医の診療を受けるようにしてください。

眼の症状Q&A

飛蚊症
  目の前を蚊が飛んでいるように、チラチラするのが気になります。眼の病気でしょうか?
 

それは「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼ばれるものです。
年齢によって症状が出てくる場合が多いのですが、「網膜剥離」になる可能性もあるので注意が必要です。網膜剥離とは、網膜が脈絡膜から剥がれてしまった状態を指しますが、剥がれる際に網膜に孔が開くことがあります。その孔が蚊のように見えるようです。
網膜剥離は、視力を失う重大な病気です。飛蚊症を自覚したら、早めに検査を受けてください。早期発見、早期治療が何よりも大切です。

 

白内障
  「白内障」とはどんな病気ですか?
 

眼球の中でレンズの働きをしている水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
人間の目は、40歳を過ぎる頃から眼球内の水晶体が濁り始めます。初期症状では中央部分が透明でまだ物を見ることができますが、気づかないうちに進行してしまい、眼がかすむなど様々な症状が出るようになります。
視力が低下してきたり、眼底写真で眼底がぼやけて写っているような場合には、白内障が疑われます。早めに受診して、視力低下や白濁の進行状態を知ることが大切です。

 

緑内障
  「緑内障」と診断されました。治療の際に気をつけることはありますか?
 

「緑内障」は眼球内の圧力が上昇することで視神経が圧迫され、視力に障害を起こす病気です。失明する病気の代表のように言われていますが、早期に発見して治療すれば病気の進行を妨げることができます。
緑内障の治療方法は、どれも眼圧を下げるためのもの。緑内障の患者さんの半数以上が、点眼薬と内服薬によって眼圧をコントロールする治療だけで済んでいます。

 

糖尿病網膜症
  糖尿病と診断されました。どんなことに注意したら良いですか。
 

糖尿病が原因で網膜に異常をきたす「糖尿病網膜症」に対する注意が必要です。
この病気の怖さは、目が痛い・かゆい・かすむといった自覚症状がないまま進むこと。網膜症が出てくるのは、糖尿病にかかってから数年ないし10年ほどしてからが多いようです放置しておくと網膜に出血や白斑などの出現が見られ、さらには硝子体出血、線維増殖膜形成、牽引性網膜剥離へと進み、失明に至る場合も少なくありません。
糖尿病と診断されたら、併せて眼の健康にも気を配りましょう。

 

加齢黄斑変性症
  最近、高齢者に増えている「加齢黄斑変性症」はどんな病気ですか?
  黄斑とは網膜のちょうど中心部にあたり、視力を保つ大切な場所です。
「加齢黄斑変性症」とは、この黄斑に老化のため異常な血管が発生したり、萎縮したりして網膜を痛める病気です。60才以上の高齢者に多い病気とされており、すでに米国では高齢者の失明原因の一位になっています。日本でも増加の傾向にあるようです。
加齢黄斑変性症の治療は、症状により異なりますがレーザー治療が多く行われます。
そのまま放置すると失明することもありますので、早期の診断・治療をおすすめいたします。